My hero,my mystery

特撮ヒーローとミステリの話 オリジナルミステリ小説を公開するブログです

お気に入りヒーロー役者さんたちを語っちゃおう②(平成ライダー編その1)

 いよいよ仮面ライダー役者さんの語り、平成ライダー編です。2000年から始まった平成ライダーシリーズですが、2010年の時点で出版された『平成仮面ライダー変身伝』なる書籍を所持しております。ここにはクウガからオーズまでのライダー変身前を演じた役者の皆さんについての記事が載っています。そのあたりを参考に……

f:id:kyoshirou2010:20200529223829j:plain

平成仮面ライダー変身伝

 トップは今や伝説のクウガですね。五代雄介役のオダギリジョー氏は好青年そのものだったんですけど、今の雰囲気はかなり違うというか、レゲエのおじさん感が……相棒の一条薫刑事役、葛山信吾氏がイケメンでしたね。クウガの場合、役者云々よりも内容の面白さが先に立っていたな。サブライダーの登場はありませんでしたが、五つの基本のフォームチェンジがあって、さらにライジングやアルティメットも入れると11種類にもなり(これで数合ってる?)今日はどのフォームが登場するのかが楽しみでした。対する怪人もイカしていた。それぞれ人間体があってオシャレなヤツやカッコいいヤツもいたし、その人間体がどんな怪人になるかも見もの。ちなみに大のクウガファンだった甥(成人済)はグロンギ語が話せます(笑)。

 続いての二作目はアギト。やや童顔で人当りのよい津上翔一(メインライダー・アギト)賀集利樹氏にクールな二枚目、氷川誠(サブライダー・G3)要潤氏、せっかく『純烈』で盛り返したのに引退する羽目になってしまった葦原涼(サブライダー・ギルス)友井雄亮氏、三人のタイプの違うイケメンを出してきましたが、ごめんね、お気に入りとまでいく人はいなかった。ストーリーはやや難解。クウガほど盛り上がらず。また、アギトでは彼ら以外にもサブライダーが登場しますが、はっきり申し上げてイケメンは含まれていません。記事が終わらなくなるので、残りの方々の紹介は省きます。

 おいおい、イケメンでなければ人にあらずならぬ、ライダーにあらず、とでも言うのか、省略するなんて喧嘩売ってるのかとお叱りを受けそうですが、ワシの持論「正義のヒーローはイケメンがよろし」。腰の周りに付属品がゴテゴテついたでっかいベルトつけたり、首に真っ赤なチーフ巻いたり、あまつさえ変身ポーズとったり。普通の男性だったら失笑を買いますよ。フリフリのミニスカートは美少女が着用してこそのアイドルファッションなわけで、さらにその格好で歌って踊るんだぜ? 芸人さんが笑いをとるためではなく、普通の女子が「私、可愛い?」とばかりに真似たら痛いだけ。それと同じ。特殊なスタイルは着る人を選ぶ、残念ながらね。男女共に憧れの対象は容姿端麗でないと務まらないんだわ。

 閑話休題。次は三作目、龍騎ですね。ここで平成仮面ライダー初めてのお気に入り役者、城戸真司(メイン・龍騎須賀貴匡氏。いゃあ~、こんなキレイな人いたんだ! って感じ。最近ではリアップのCMで右京さん(笑)と共演。観ただけではまったく気がつかんかったわ。それでお気に入りと言えるのか? まあ、ルックスが良いからといって必ずしも仕事がバンバン入ってくるわけではないので。どちらかと言えば秋山蓮(サブ・ナイト)松田悟志氏の方が今でも活躍しているよね。我が家では「コウモリの人」と呼ばれている。ドラマにもバラエティにも出演、バスの旅なんかもやってたよ。蓮は暗いイメージの役だったけど、御本人はなかなか愉快な方のようで。

 その他のサブライダーですが、何しろ龍騎はライダー同士のバトルがテーマだからサブが多い。 北岡秀一(ゾルダ)小田井涼平氏……『純烈』のメンバー、LiLiCo氏との結婚で有名に。 浅倉威(王蛇)荻野崇氏……ライダーの前は超光戦士シャンゼリオン。 手塚海之(ライア)高野八誠氏……ライダーの前はウルトラマンガイア。

 いや、これ、特筆事項を並べただけの単なる御紹介になっているけど、多すぎて特筆のない方まではもう、語らなくていいかなとも。これだけ大勢出てきても須賀氏以外はピンとくる方はいなかったな。

 どんどん次へ行こう。四作目の555は役者さん自体に不満はないのですが、ストーリーそのものがあまり好きになれず、思い入れがありませんでした。乾巧(メイン・555)半田健人氏は昭和歌謡に詳しいとして地道に活躍中。草加雅人(サブ・カイザ)村上幸平氏はよくわかんない(扱いひでぇな)。三原修二(サブ・デルタ)原田篤氏はライダーの前にゴーグリーンで、ライダーと戦隊を演じた男。秋本奈緒美氏との結婚で有名になりました。ウチの妹の推しだったのよ~。

 555の場合、怪人(オルフェノク)側から綾野剛氏という有名役者を輩出しましたし、オルフェノクの主役ともいえる泉政行氏の早逝はショックでした。また、映画版ではライダーに変身できなかった役として速水もこみち氏(当時、彼を推していたワシ)が出演していたんですよ! とまあ、変身する側以外の、役者さんの話題が多い作品だったなぁ。

 長くなったので、続きは③で。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
PVアクセスランキング にほんブログ村