My hero,my mystery

特撮ヒーローとミステリの話 オリジナルミステリ小説を公開するブログです

雑記①

 一人称を「ワシ」から「オラ」に替えました。SNS上で、というか、自分が見た範囲のみで、なんですけど、女性(しかも若い)で「ワシ」を使用しているケースが多く、生粋のひねくれ者(どーゆーキャラだ)としては、皆と同じことはしたくないものですから「そんじゃー、オラにすっか」。それがしとか、拙者、吾輩など、他にも候補はあったのですが、やはり入力しやすさが決め手。「オッス、オラ悟空」のイメージが強すぎるのが難点。

 なかなか更新できないこちらのブログ、「〇〇について語る」みたいに、形式に拘った内容にしたいと考えているから書けない、進まないのだと痛感。じつは書きかけの記事が幾つも保管してあるんですよ。横溝シリーズや火村シリーズのドラマ版、戦隊シリーズの役者さんネタ等、色々なんだけど、作品名や出演者に関する情報をある程度まとめてからでないと書けないと思っているから、つい億劫になってしまう。今一番の関心事が『ベイブレードバースト』(メインブロクで語りまくっている)という理由もある。

 そんなコロコロ・ホビアニベイブレードバーストですが、作中に登場するシスコ・カーライルというキャラがお気に入りでして☟

f:id:kyoshirou2010:20201008071701j:plain

オラが描いたシスコ・カーライル(一部抜粋)

 このシスコの中の人(声優さん)寺島拓篤氏が『ウルトラマンタイガ』に声の出演、しかもOPを歌っていると知って早速チェック。歌、うま。シスコが歌っているかと思うと😍(ホビアニヲタ脳)

 オラのブログの特撮ネタは御覧のとおり、ライダーと戦隊に偏っていますからね、ウルトラマンはノーチェックだったわ。息子たちが特撮リアタイ時には『~コスモス』などは観ましたが、その後どういう系譜になっているのか全くわかりませんでした。それが今回のチェックのお蔭で『~タイガ』が昭和の特撮界に輝くウルトラマンタロウの息子だと知りました。親子・親戚・血縁関係で成り立つウルトラの世界。

 さて、雑記というからには内容に混ぜこぜもあり。オラはTwitter綾辻行人有栖川有栖両先生をフォローしているんですけど、綾辻先生の方はかなり使い込んでおられる御様子。一方、有栖川先生がTwitterを始められたのは最近で、自分の入力ミスに自分でツッコミを入れるという、大阪人気質に😊

 大変仲のいいお二人はSNS上で会話を弾ませることも多く、ミステリー談義やら何やらをなさっている、先生方の「生の声」がファンとしてはとても嬉しくてありがたいです。

 昨日(10/7)は「ミステリーの日」。エドガー・アラン・ポーの命日なのでそうと設定されたという話ですが、綾辻先生が「皆さんのミステリー・ベスト3は何かな」と問いかけてらしたので、オラも先生方の作品からひとつずつ選ぶというように回答しました。ま、いつものやつね。

 ①暗黒館の殺人綾辻先生) ②双頭の悪魔(有栖川先生) ③悪魔が来りて笛を吹く(横溝先生)

 綾辻先生の作品は圧倒的に『十角館の殺人』を支持する人が多いんですけど、謎解き以上に、終盤の火事の場面がトラウマになりかけた暗黒館がオラのイチ推しです。有栖川先生の場合は、火村シリーズはどれも良くて甲乙つけがたいんですが、一番印象に残った内容が江神シリーズの双頭なんで、こちらを推しています。横溝先生作品については先の記事で語りまくっていたんで、もういいかな。

 お~、雑記だとこんなにも早く進む。ブログとは本来、思ったことを徒然に書けばいいのだから、こうやっていけば良いのだと思う一方で、内容がしっかりした(そうとは言えない記事ばかりだが)ものを上げたいという欲もあって、保管している記事がどれも進みません。気長にやるしかないか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
PVアクセスランキング にほんブログ村